So-net無料ブログ作成
検索選択

HS-1 MAD CAT【限定復刻】MORIDAIRA 45th ANNIVERSARY Limited [madcatについて]

モリダイラ45周年を記念して2009年に続き、2011年モデルが復刻されるようです。
前回よりFlame Maple AAAが使われグレードアップされる模様。。
リンク先のイケベ楽器さんの画像は2009年モデルのままのようです。

HS-1 MAD CAT【限定復刻】MORIDAIRA 45th ANNIVERSARY Limited
http://www.ikebe-gakki.com/shopping/goods/goods_detail.php?id=194718

ポイントは前回、中途半端な復刻となった。
リアのピックアップがテレキャススタイルのままであった事。
ジャックプレートがべっ甲ではなくテレキャススタイルのままであった事
この2点が改善されているかどうか?
なんですよね。
イケベ楽器さんの画像は2009年モデル
6296_3.jpg
nice!(0) 

伝えたい事。 [その他の楽器機材について]

ご無沙汰しております。
最初に。。今回、madcatネタの記事じゃないです。。ごめんなさい。
東日本大震災以後、ブログの更新から遠ざかっておりました。
日本はそれどころじゃ無かったので。。。
被災地から離れた私の街も大きくゆれましたが私もmadcatも無事です。まったく問題ありません。

でも日本は被災地に大きなダメージが残りました。
そして、もっと残念なのは福島第一原子力発電所の事故です。
被災者の方々に更に厳しい追い打ちをかけ復興への足を大きく引っ張っています。
この原発の事故で浮き彫りになったのは、過去40年以上にわたる政府と電力会社による間違った原発推進です。
電力利権維持に一番都合の良い原子力発電を地域独占の立場を利用し、メディアを利用し、利権に群がる政治家、文化人、学者を利用しプロパガンダして来ました。
そして、いま現在も電力会社の利権構造は守られたまま政府は子供の年間被爆量の上限を20msvに上げる愚かな事をしています。

震災以後さらに暗い影が広がる日本ですが僅かに希望があります。
ソフトバンクの孫正義さんや河野太郎さん福島みずほさんなど何人かの誠実な政治家、京都大学の小出教授、プロパガンダと戦う自由報道協会の記者の方々、干されるのを覚悟して頑張るアーティスト芸能人の方々。。その活動を下支えするtwitterやustream等国境を越えた権力に負けないinternetメディア。。

地震の被害者の方々の死を無駄にせず、未来の日本に同じ悲しみをさせない為に正しく復興する事が
いま生きている日本人の義務だと思っています。
その義務をまっとうすべく頑張るすべての人々をどうか一緒に応援してください。

この記事を今回はまず日本語ですがゆっくり英語で訳していこうと思います。
海外のプリンスファンの力を借りて。。伝えたいのです。
IMG_0334(変換後).jpg
nice!(0) 

殿下とレスポール [その他の楽器機材について]

vlcsnap-2011-02-20-09h23m27s42(変換後).jpg

今回は殿下とレスポールについて。。
というかほとんど使っているところ見ないですね。
ライブでギターぶら下げたままダンスしつつ動き回るには向いていないのかもしれませんね。
画像はmillion daysのpvの一カットです。
pvでもスタジオでのレコーディング風景の設定で椅子に座って弾いてます。

同じ事を考える人がけっこういうようでして
殿下とレスポールの組み合わせは80年代後半にバングルスのライブでのゲストとかライオネルリッチーさんのライブのゲストとか
1曲だけの参加でスポットで使われたみたい。。似合うのにな〜〜

自分個人的はレスポール大好きなんですが。。。

nice!(0) 

エフェクター コーラスについて [その他の楽器機材について]

今回、趣を変えて エフェクターのコーラスについて

何故かというと、たまたまyoutubeでサンプル音源聴きつつコーラスを物色してましたら
デモでパープルレイン(らしき)のイントロを弾いていたのを連続見つけたので。。
ああ〜やっぱりパープルレインのイントロはコーラス命だな〜って思った次第です。

映画ではウエンディがどえらく魔改造した青紫色のRickenbacker 330(たぶん)でこのイントロを弾いています。最初のコードB♭add9は彼女のアイデアだそうで、パープルレインのDVDのおまけの映像で自慢してます(笑)

コーラス話から脱線気味ですがRickenbacker 330の魔改造ポイント 
ピックアップがシングル形状でマグネットがバータイプのSeymour Duncan STK-S2 HOT STACK(たぶん)に交換されています。
あとはギブソンのストップテイルピース
ブリッジとサドルはオリジナルかカバーだけ変えてあるかも。
IMG_0589(変換後).jpg

さてコーラスに話が戻りまして。。ギターマガジンのプリンス特集を読むと
殿下の足下にコーラスありません(藁)Rotovibeはありますけど、パープルレインはいつもソロを弾いていますからね。。
なのでコーラスはウエンディになった気持ちで(笑)。。いやいや話が続きません(爆)
とりあえず、見てみてください。
一つは最近空間系エフェクトではお気に入りのt.c.electronic
http://www.youtube.com/watch?v=vt5p7j0Oe7o
もう一つは使った事ないですがCarl Martinです。
http://www.youtube.com/watch?v=-P_baVCHtx4
高級ブランドだったはずですが
今回のケースのデザインは。。。(ry












nice!(0) 

Peavey Delta Blues [その他の楽器機材について]

Peavey Delta Blues
604173(変換後).jpg

ギターマガジンのプリンス特集の記事に載ってましたね。Peavey Delta Blues 90年前半はレコーディングでアンプ直で利用していたとの事。。
殿下御用達だったアンプが音家さんで6万弱といい感じの価格で手に入るのは嬉しいですね。
殿下では無いですが、このデモ演奏の動画が素敵です。
Peavey Delta Blues at Rockfield Studios




nice!(0) 

オリジナルのMADCATのペグはGOTOH製だった事が判明 [madcatについて]

今日、たまたま楽器屋さんで古いESPのNavigatorストラトのペグを見たら。。どこかで見た事のある特徴のある形。
あれ?MADCATと同じだ。。ペグ本体は八角形、つまみの部分は中央が凹んだ台形
よく見たら古いGOTOHのロゴ。
※画像ではわかりずらいですが真ん中の黒丸は切れ目があってGをモチーフにしています。黒丸の下にGのアルファベットもあります。

IMG_0527(変換後).jpg

下はMADCATのペグです。
ロゴはありませんが、同じ八角形でつまみの形状も同じです。

IMG_0528(変換後).jpg

ペグの弦をとおす部分、シャフトの形状だけNavigatorと違いました。
MADCATは下の画像のとおりですが、NavigatorはFENDER USAと同じシャフトに切り込みがあるタイプです。
おそらくNavigatorのペグのほうが年代的に新しくFENDERをまねたのかも。。
IMG_0532(変換後).jpg

弦を張る時はこちらのほうが楽ですが、オリジナルのMADCATのペグもシャフトの先端がつばの加工がされていて高級感
があって好きです。

※追記 WEBで検索したら 79年頃のTokai SILVER STAR SS-80に同じペグがついているようです。下位SS36,40の機種では東海オリジナルのクルーソンペグで上位機種にこの八角形のペグがついているようです。
精度の良いロトマチックタイプの高級パーツの位置づけとしてみてとれます。

上記のNavigator は1970年代の ESP Navigator Espartoシリーズと思われます。

nice!(1) 

A Happy New Year !! and Thank you for 150000 access!! [madcatについて]

皆様、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
おかげさまで地味に更新しているこのサイトも15万アクセスを越える事が出来ました。

今年の希望ですが、プリンスさんには是非、久しぶりに日本でツアーしていただきたい!!
生プリンス&生madcatを観たい!!と切に願う次第です。

いろいろ面倒臭い世の中ですが前を向いて、ゆっくりでも進んでいけば。。
いつか夢がかないますよね。きっと。。。

皆様の夢も実現しますように。。。
A Happy New Year !!
PS: t.c. electronic NOVA REVERB買っちゃいました。

IMG_0504(変換後)(変換後).jpg

nice!(0) 

今年もお世話になりました。 [madcatについて]

madcatをコアに愛するコアな皆様、今年もお世話になりました。
今年のmadcatトピックとしては ギターマガジンのプリンス特集!!とmadcatの生みの親、椎野さんの本の出版でしょうか。

個人的なmadcatネタとしてはオリジナルのヴィンテージmadcatのノイズ問題でいろいろ悩みました。
ショップで3回にわたり修理、調整して貰いました。
ザグリに綺麗に貼ってあるアルミシートとコントロールプレートの経年劣化による密封性が悪くなり発生していたようです。
アース線を増設したら改善されたのでちょっと様子をみています。
ボリュームを9ぐらいで使うとほとんどノイズが無いですが全開にすると微妙に気になります。
もともと昔のシングルピックアップなのでこんなもんかも知れません。自分の要求が高すぎるか?

やはりヴィンテージmadcatより音とノイズ,軽さでフジゲンカスタムオーダのmadcatのほうが使いやすいです。
来年からバンドで使う機会が増えそうです。

来年それぞれのmadcatにやりたい(改造したい)事をメモっておこう。。

ヴィンテージmadcatのスイッチ、ポッド交換
カスタムオーダmadcat ピックガードの面取り加工追加(オリジナルに近づける為)及びピックアップ交換(John Suhr , Fletcher-Landau Classic

ではでは少し早いですが、良いお年を〜 来年も宜しくお願いいたします。

Prince(変換後).jpg

追記:この画像見て思ったのですが紫の衣装とmadcat、バックにあるオレンジ色のオレンジアンプとの相性が素敵です。
ステージ映えするアンプもお気に入りの理由かも知れませんね。
nice!(0) 

ORANGE Thunder30 Combo [その他の楽器機材について]

タイニーテイラーからORANGE Thunder30 Comboに買い替えました。
クラスAで、30W、オレンジらしい歪みとすっきり抜けるクリーン
2チャンネルのアンプでどちらも良く抜けて使える音なのは嬉しいです。

センドリターンElectro-Harmonix EH9050 HOLY GRAiL reverbを使ってましたが、ハイインピーダンスの
デジタルリバーブは無音時のシーという微妙なノイズが気になります。
t.c.electronicのNova Repeaterはノイズが無かったのでNova Reverbに買い替えたいと思っております。

IMG_0435(変換後).jpg

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。