So-net無料ブログ作成
検索選択
madcatについて ブログトップ
前の10件 | 次の10件

名著「僕らが作ったギターの名器」読んでいます。 [madcatについて]

椎野さんの本「僕らが作ったギターの名器」本日届きました。
いま駆け足で読んでいます。
面白いですよ〜〜!!
HSアンダーソンブランドについての話とか私がカスタム製作を依頼した現フジゲンの今福さんのHSアンダーソン時代の
エピソードが載っています(私、この話 直接今福さんから聞きました。)
madcatについても写真含め 記事がありますよ。世界中にファンがいてwebサイトがある事も記載されています。
嬉しい〜〜

材、ピックアップ、塗装、ニカワ 倍音、バランス、組み合わせ等サウンドデザインするノウハウがぎっしりで
さらっと速読しただけですが、何度も何度も読み返すバイブルになりそうです。

椎野さん 素晴らしい本をありがとうございます。

IMG_0379(変換後2).jpg
nice!(0) 

ついに秘密があきらかに??  本取り寄せ中です。 追記 [madcatについて]

以前の記事 madcatの歴史で登場したヤマハから引き抜かれモリダイラでHSアンダーソンを立ち上げた椎野 秀聰さん
(HSのイニシャル)の本です!!
私の想定で書いた記事の検証が可能になるので本当に楽しみにしております。
MADCATについての言及はあるかないかわかりません。。HSアンダーソンについては期待できるかと。。。


http://sammy11.blog.so-net.ne.jp/2009-09-12

世界的ギター設計家が解き明かす音と響きの謎

80以上のブランドに関わり、プリンス、ジョージ・ベンソンらの愛用ギターを作ったサウンド・デザイナーによる音楽ファン必読の書

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166607709


僕らが作ったギターの名器 (文春新書)

僕らが作ったギターの名器 (文春新書)




nice!(0) 

いまさらながらCoachella FesのMADCATを分析 [madcatについて]

ふと思うところあり、いまさらながら2008年のCoachella FesのMADCATを分析してみました。
madcat ct analyst1.jpg

ギタージャックプレートが金属に変更されています。
オリジナルは虎べっ甲ですので、オリジナルが割れてしまったかして、耐久性のある金属パーツに効果したのかもしれません。

madcat ct analyst2.jpg

よく見ると左腕があたる部分の塗装が変色しています。
ピックガードの上部にも塗装の剥げたところが点在しているように見えます。
オリジナルMADCATが本当にニス塗装だったからなのか?いま使っているMADCATがラッカーに再塗装されているのか?
の可能性があります。
ピックアップが変わっているようです。キンマンかもしれません。
以前はフェンダーのノイズレスビンテージの白ピックアップカバーを黒く塗装していたのを付けていました。

MADCATもかなりコキ使われ(笑) いままでの殿下らしくない(ごめんなさい)レリックな感じが出て来たようです。








nice!(0) 

ギター・アラウンド・ザ・エイティーズ [madcatについて]

ちょっと珍しいmadactの画像や記事がありますよ。
70年〜80年のカオスな時期のギター達。。素敵です。





nice!(0) 

このブログについて [madcatについて]

久しぶりに管理ページをみたら124000アクセスを越えておりました。
ありがとうございます。

過去ログにかなり埋まってしまっておりますので、ブログ管理人としてこのブログで見ていただきたい記事を改めてリンクいたします。

そもそもこのブログを立ち上げるきっかけとなった。Madcatカスタムオーダする記事
*Madcatカスタムオーダまでの道のり。。。
http://sammy11.blog.so-net.ne.jp/2005-09-09-2

念願のオリジナルのH.S.Anderson Madcat を手に入れた記事
*I get !! Real Vintage H.S.Anderson Madcat 1975's 
http://sammy11.blog.so-net.ne.jp/2009-04-25

madcatについての情報分析は始めた最初の記事(後の記事で修正、訂正は入っています。)
*Madcatとは。。
http://sammy11.blog.so-net.ne.jp/2005-09-09

nice!(0) 

なんとプリンス特集。。Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 09月号 [madcatについて]

またまたアファリですいません。
明日発売ですし、早く入手できるので本屋さんへ急ぎましょう!!

madcatの話題もあるかな〜〜凄く期待しちゃいます。
表紙のギターはこれみたいですね。
1967 Epiphone Emperor
http://www.rickalexander.com/ClassAxe/67EpiphoneEmperor.htm


Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 09月号 (CD付き) [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 09月号 (CD付き) [雑誌]




nice!(0) 

ネタが無かったもので。。。 [madcatについて]

ネタが無かったもので。。。アファリなリンクを貼ってすいません。
元々、madcatの復刻を願うサイトでしたので復刻を応援しても良いかなと思った次第です。
なので、こちらのリンクから購入しなくても良いですよ。
せっかくなのでお店で試奏して買ってください。
あおる訳ではないですが、もう最終ロットだそうで、もう暫くは復刻は無いかも。。。

さてさて
プリンスさん、新しいアルバムをだす噂がありますね。
楽しみです。
いつまでもいつまでも頑張って欲しいです。



nice!(0) 

ファースト・アベニュー [madcatについて]

madcatの世界デビュー("Dirty Mind".?)は間違いなくここからですね。

パープルレインのお披露目?レコーディングもここだそうで。。。
そのライブと思われる動画だとパープルレインのソロギターはクラウドでは無くmadcatなんですよ〜〜
クラウドではないのですよ〜〜

3549673

http://ja.wikipedia.org/wiki/ミネアポリス


nice!(0) 

センターをハーフトーンにしました。 [madcatについて]

オリジナルのmadcatのセンタースイッチの配線をフェーズからハーフトーンにしました。
おお〜〜使えますよ。。リア単独は厳しいけど。。フロントとセンターはオリジナルのピックアップのままイケます。。
ボリュームのポットをフルにすると、ハイが出過ぎる感じが。。。少しだけ絞るとちょうど良い感じ。。
ポットが調子悪いのか??そんなピックアップなのか??わかりません。。
キャパシタと一緒にポットも交換しておくべきだったかも。。

本日弾いていて思った事。。。弾いていて感じるネックの裏の手触りというか、冷たくない感じというか。。
ポリ塗装ではなく、、本当にニス??ラッカー塗装なのかも。。。


nice!(0) 
前の10件 | 次の10件 madcatについて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。