So-net無料ブログ作成
検索選択

追記:I get !! Real Vintage H.S.Anderson Madcat 1975's [madcatについて]

やっぱりボディはメイプルの寄木細工な気がしてきました。
センとかアッシュの木目とは違う感じで。。。
ネックの木目に凄く似ています。
カタログの記載を見ると
ネックはメイプルのワンピース。
ボディはハードメイプルの単板と記載されています。
ヲールナットセンターに挟んでいるし、寄せ木(複数ピース)だから単板じゃないじゃん!!
インチキ広告と思っていましたが。。。。
ネックはわざわざメイプルワンピースと記載してあり、
ボディはメイプル単板と言い方を別けている事から
単版=ソリッドボディという意味なら嘘の広告では無いですね。
ネックのみワンピースと歌っているし。。。
ビルローレンスのmadcatはセン材の可能性が高いけど。。。
初期の H.S.Andersonは本当にオールメイプルのソリッドボディ(トップとバック材は虎目のメイプル)の可能性が高いと思います。


4.4kgもあるし。。。。
重過ぎ。。。

追記:ボディは虎目のトップ材とバック材を除いて、7ピースです。
部材としては3ピースと2ピースの重ね板と思われます。これなら5ピースになりますが、
真ん中にヲールナットが挟まる為、3ピース材側がさらに分割されて7ピースになります。
材はやはりメイプルと思います。当時だって嘘の宣伝はJAROに訴えられますし(笑)

結局7ピースのハードメイプル、ヲールナットライン(挟み)のソリッドボディ(単版)トップ、バック板は虎目というのがボディの仕様となります。


27609622760963







nice!(0) 

nice! 0